HOME > 太陽光発電 > 太陽光発電に必要な機器

太陽光発電に必要な機器

太陽光発電に必要な代表的な製品、屋根の上に設置する「モジュール」、電気の変換・分配機「パワーコンディショナ」についてご紹介します。

太陽電池モジュール

太陽電池のセル(シリコンを薄くスライスした板に必要な発電層や電極などを作り込んだもの)を配置し屋外で利用できるよう強化ガラスで表面を覆いパッケージ化したものです。
シリコンの原子の配列によって多結晶シリコンと単結晶シリコンに分かれており、単結晶型は多結晶型に比べて発電効率は高いのですが、その分コストも高くなっています。

また、太陽光発電の設置は、切り妻屋根、寄棟屋根、片流れ屋根、方形屋根など、どのような屋根形状にも対応できるよう、屋根の形に応じたパネルの組み方で対処します。

パワーコンディショナー

太陽電池モジュールで発電されるのは、直流の電気であるため、そのままでは家庭内で利用することができません。したがって、発電された直流の電気を交流に変換する必要があります。
パワーコンディショナーは、直流を交流に変換するとともに、電圧、電流、周波数などを調整して家庭で使える状態にする役目をもつ機器です。

▲ページの先頭へ戻る