HOME > 太陽光発電

太陽光発電とは

球上に到達する太陽光のエネルギー量は1u当たり約1kwです。 地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できるとしたら、 世界の年間消費エネルギーをわずか1時間でまかなうことが出来るほど、膨大なエネルギーであり、枯渇する心配もありません。

の無尽蔵の光のエネルギーを電気に変換する装置が、太陽光発電システムです。
その原理は、主にシリコンで作られた半導体に、太陽の光が当ると、直流電流が発生します。この原理を使うことにより、電気を発生させます。 太陽の光を利用するだけに、石油やガスの燃焼による二酸化炭素等の温室効果ガスを発生させることがなく、地球環境にとって非常に良いものと言えます。

の効果は、例えば、一般的な屋根に太陽光発電の3.84KWシステムを設置した場合、1年間で石油936リットルを削減したことと同じ効果があり、また、スギの木を93本分植樹した効果と同じと言われています。

家庭にとっては、自家発電による電気代の削減と、電力会社が余剰電力を買ってくれるという経済効果があります。